外科

ひざの痛み

ひざの痛みを治すには?

年齢が進むとともに、ひざの痛みを訴える方が多くなります。ひざの軟骨や半月板がすり減るためです。すり減った軟骨のかけらがひざの関節の中に溜まりますと、関節液が溜まり腫れが強くなり、さらに痛みます。
これを「変形性膝関節症」と呼びます。変形が起こりますと、特にひざの内側に出っ張りができて、さらに変形が進みますと、だんだんO脚になり、見るだけでも変形がはっきりとわかるようになります。
ストレッチやひざの周囲の筋肉を付ける運動や水中歩行など、運動療法がお勧めです。
しかし、痛みが強く十分に運動ができない場合は、湿布を貼ったり、痛み止めを内服したりします。そして、治療する私の実感としては、それよりさらに効果的なのが、ひざの関節内にヒアルロン酸などの注射をすることです。注射は痛いですが、それを上回る効果が得られることが多いです。
上記の治療を行っても、歩行や家事などの日常生活ができないほど痛みが強く、それが長く続く場合は、手術が考慮されます。
また、保険適応外ですが、ひざの軟骨を修復する再生医療を行う方法もあります。






PAGE TOP