当クリニックでは、最新かつ高性能の検査機器を取り揃えております。

マンモグラフィ

キャノンメディカルシステムズ  Pe・ru・ru
乳がん検診では、圧倒的な威力を誇る検査です。
最新のマンモグラフィは、以前のものに比べると圧迫による痛みが軽減しています。
触れることのできない乳がんを見つけるときに威力を発揮します。
経験豊富な女性技師が対応いたしますので、安心して受けられます。

超音波検査機器

日立製作所  ARIETTA850SE
かなり高性能のエコーの機械です。クリニックでは置いているところは少ないでしょう。
乳腺エコーでは、乳がん検診に役立ちます。またしこりを感じた時に、それが何であるかが、最も簡便で、最も早く調べられます。
しこりが悪いものを疑わせるようなものであれば、穿刺吸引細胞診や針生検などの精密検査を施行いたします。
腹部エコーでは、肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・前立腺・婦人科系臓器などの病気を見ることが出来ます。
また、胃や大腸も進行がんや大きなかいようであれば、見つけられる可能性があります。
頚動脈エコーでは、血管の壁の厚さやプラークと呼ばれるコブ、それに血管に流れる血液の測定することにより、動脈硬化の進行具合が見つけられます。
甲状腺エコーも施行しております。しこりやふくろを見つけることができます。

胃カメラ

フジ  6000システム
鼻からの胃カメラです。苦痛が少なく、経験者の90%が、次回も鼻からの胃カメラを希望されます。

のどから食道、胃、十二指腸の胆汁が出てくる部分までを主に見ます。
食事をしていなければ、当日の検査も可能です。(お待ちいただくこともございます。)
当クリニックでは、麻酔を使って、さらに苦痛を取りながら胃カメラを行うことも可能です。(ご予約が必要です。)

また、特殊な光を当てることにより、凹凸が浮き彫りになったり、細かい血管が見やすくなったりし、早期の胃がんも見つけやすくなります。

鼻から挿入できる細い胃カメラを使用しておりますが、以前のものよりさらに細くなり、またしなやかになりました。そのため、当クリニックでは鎮静剤を使用して眠っている間に胃カメラを行うこともできますが、そのようなことをしなくても、かなりの苦痛が軽減できるようになりました。胸焼けや胃が重いなどの症状がある方、ピロリ菌を除菌した方、現在もピロリ菌が居る、もしくは居るか居ないかわからない方は、ご相談ください。

骨粗しょう症検査機器

HOLOGIC社  Horizon
骨粗しょう症の検査を、かかとやら両手で測る機器があります。
しかし、それでは、正確に測定できず、また経過を見ることに関しては、推奨されていません。
検査を受けるのであれば、必ず正確に腰(腰椎)と股関節(大腿骨近位部)で測定するようにしてください。
当クリニックでは、予約なしで検査できます(月曜日・火曜日午後診を除く)。
いつでもお越しください。

レントゲン一般撮影機器

キャノンメディカルシステムズ
最新のフラットパネルディテクターを採用し、撮影時間が低減し、被曝量が格段に少なくなりました。
胸・おなかや手足・首・腰・頭の骨など、当クリニックのレントゲンは全身がきれいに撮影できます。

心電図・動脈硬化検査

日本光電
心電図は、心臓の動きを見る、最も基本的な検査です。動悸・息切れ・胸の痛みなどがあれば、診察の後検査することが多いです。
動脈硬化検査は、脈波と呼ばれる脈の動きの速度と足の血管の詰まり具合が動脈硬化の指標となり、血管年齢を割り出すことができます。

糖尿病検査機器

シーメンス社  DCAバンテージ
糖尿病の一番の指標であるHbA1cがすぐに検査できます。
HbA1cに関しましては、糖尿病の項をお読みください。

PAGE TOP