乳がんの診断・・・針生検について。

乳腺にしこりのある患者さんに行う精密検査で最も一般的なのは細胞診(穿刺吸引細胞診)と呼ばれる検査です。血液検査に使用する程度の細い針を皮膚に刺し、しこりに命中させ、しこりの細胞を吸い出して、顕微鏡で見るのです。ただし、この検査では、乳がんと確実に診断できない場合も多いです。

そこで次のステップとして、針生検を行います。細胞診よりももっと太い針で組織と呼ばれるものを採取し、病理診断と呼ばれるもので病名を明確にします。ボールペンの芯くらいの太い針ですが、生検前に麻酔をしますので、痛みはあまり感じません。

乳がん検診の精密検査は、このように進めていきます。

なんと言っても、精密検査は、正確な診断が大切です。

関連記事

  1. 新型コロナウイルスの大量感染に思うこと~その1~

  2. 新型コロナウイルスの大量感染に思うこと~その5~

  3. 開院して1週間経過いたしました!

  4. 昨日の光景~今月はガマンしましょう!

  5. 痛風のお話~ビールは大敵?~その4

  6. 新型コロナ対策のためのマスク着用に対する提言~その1~

PAGE TOP