乳がんの診断・・・・視触診について

「視触診」とは見て触ることです。診察の基本となります。

私が医師になったころは、これが乳がん検診の基本でした。また、乳がん検診はこれしかないことも多かったです。

今では、高槻市の検診では視触診が省略されています。視触診だけで乳がんが判明することは、少なくなってきました。

しかし、視触診はやはり基本です。しこり・えくぼ・赤み・腫れなどの有る無しを確認します。その確認の上で超音波検査をしますと、より診断率が上がると思います。

ただし、視触診には経験が必要です。経験豊富なドクターに視触診をしてもらうことが大切です。

関連記事

  1. インフルエンザ予防接種を受けましょう!

  2. 新型コロナ対策のためのマスク着用に対する提言~その3~

  3. 新型コロナウイルスの第3波の今こそ、家族の団結が必要です!

  4. わき汗でお困りのあなたに!

  5. 痛風のお話~ビールは大敵?~その3

  6. 新型コロナウイルスの大量感染に思うこと~その5~

PAGE TOP